住宅ローンに余裕のあるときは?

住宅の購入は今も変わらず一般の人たちにとって大きな夢です。
賃貸住宅で家賃を払って生活していくのと住宅を購入しローンを返済していくのとどちらが得か、などという新聞や雑誌の記事をみかけますが、やはり、自分で住宅を所有するというのは資産価値の観点からも、有利な選択といえます。
住宅の購入には、数千万円というのが一般的で、全額一括払いというのはなかなか難しく、住宅ローンを組むことが必要になります。
住宅ローンは収入に応じ、身の丈にあった計画的な借り入れが肝心です。
数千万のローンを数十年にわたって返済していくということは、簡単なようでなかなか難しい面があります。
政府の経済政策もあり、日本経済は次第に上向き、サラリーマンの給料も次第に上がっているといわれる昨今ですが、数十年先の生活がどのようなものになっているかは、誰も予想することはできないといえます。
身の丈にあった住宅ローンを組みながら、収入にゆとりがあるときは、積極的に繰り上げ返済を行い、できるだけはやくローンを返済していくことも、先の見えにくい現代において必要なことです。
借金があると住宅ローンの審査に通らない?