住宅ローン借換の基礎知識とは?

以前は、一度住宅ローンを組んだら、完済まで同じローンを払い続ける方が多かったのですが、近年は積極的に住宅ローン借換をする方が増えています。
住宅ローンは年々、金利の引き下げ幅が大きくなる傾向があります。
20年、30年などの長期にわたって支払い続けるだけに、少しの金利差でも総返済額では大きな差になります。
住宅ローンの借換は、今ローンを利用している所とは別の銀行や信用金庫などの金融機関で行います。
最近は、ネット専業銀行でも扱う所が多数あります。
借り入れの方法は新規申し込みと同様で、必要書類を揃えて審査を受け、審査が通ったら抵当権の付け替え等が行なわれます。
住宅ローン借換には、新たな費用や手数料がかかります。
ある程度まとまった出費が必要ですが、長期的に見れば総返済額が減らせるというメリットがあります。
住宅ローンについては、事前にシュミレーションできる金融機関が多いので、まず情報をチェックするのがお勧めです。
住宅ローンはすぐに借りられる?審査にかかる期間!【つなぎ融資とは?】